人気ブログランキング |

タグ:料理教室 ( 102 ) タグの人気記事

シンプリークッキングのすすめ

「料理」
a0160955_11551658.jpg

料理は楽しい♪
…生きる力が溢れているときにそれは何の苦痛を感じることもなく過ごすものの
時にそれは生きるものにとって重くのしかかる問題でもあります。

人生には明るい未来に向かって生きられるときもあれば
自分のことだけでなく、様々な問題を抱えながら必死で生きなければならないときもあり
更に自分自身も年を重ねて行くという
死ぬまで流転を重ねるもの。

どんなに悲しみに暮れても人は空腹を感じるものであり食べなくては生きることができない。

さて何を食べるか。

外で食べるのも良い。
人と食べるレストランの食事は楽しい。
カフェで太陽を浴びながら季節を楽しみ過ごす時間の豊かなこと。
全て含めて素晴らしい。

だがそれだけではすまないのが現実なのだ。
家で一人過ごすとき、家族が家にいるとき、疲れたとき、本当に食べたいものが食べられないとき
人生死ぬまで食べることと無縁では済まされない。

何を食べてきたのか
それでその人の歴史・人となりが分かる。

一方料理は文化であると言われている。
料理を文化芸術などと同じに並べることに長年躊躇いがあった。
だがやっと最近本当にそうだと頷く事ができるようになった。

日本の風土・気候にあった、先人たちによる知恵の結晶。
縄文時代までさかのぼってこの土地に根ざした食習慣が徐々に形成されたことを考えると
いったいどれだけの世代を経て今に至るのか。
自分たちのルーツを大切にしながらも
現代は国境を越えて行き来する時代になり、更に近い将来宇宙に住む時代になるかもしれない事を思うと
どんな環境においても自分らしく食事できるスキルを身につけておくのは
各国の言葉を習得するよりも本当は大切なことなのではないだろうか。

日本人が外国に住み、長年現地の料理ばかり食べて生きるのには苦痛が伴うのが現実であります。
やはりそこには遺伝子に組み込まれた食習慣というものが厳然として存在するので
もし将来現実に自分や自分の子孫たちが宇宙に旅行したり住んだりすることになったとき
そこで宇宙食ばかりで本当に幸せになれるのか、私は本当に疑問に思うのであります。

食べたいものを自分なりにイメージしてそれに近いものを自分で料理すること。
そこには言語の習得と同じように、学ぶこと・身に付くまでの訓練が必要なのではと思うのであります。

あまりに真面目すぎる投稿ではありますが自分のルーツを大切にしながら
現代の食材を生かして料理すること。
それは未来を大切に生きるために必要なスキルなのでは、という問いかけ。

シンプリークッキングのススメ。
そしてそれは文化的な行いであること。
自分自身の品格と深く関わりのある事であることを皆様にお伝えさせていただきたく
このように真面目な投稿となりました。
最後までおつきあい下さいました皆様、ありがとうございました笑笑





by Chez_Eri | 2019-10-13 11:58 | 日記 | Comments(0)

日本料理クラス

a0160955_15365694.jpg

和のおもてなしクラスが始まりました。
ご自宅のキッチンで簡単に作れるものばかりです。
食材としては、鰆・鮭・新そば粉・イチジクなど。
どれも15分あれば作ることができます。
a0160955_15371247.jpg
日本近海で漁れる魚のレシピに力を入れています。
日本の先祖が大切に育んできた魚を食する伝統を守り大切にすること。
今日本の漁業関係者の苦しみが末期症状に近いほど危機に瀕しています。
同じ日本の国土に生きる運命共同体である漁業関係者の家族と生活を守るような気持ちも持って
魚を美味しく料理して食べる生活をしましょう!
それは結果自分たちを守ることに繋がるのです。
…という気持ちも込めて美味しく料理できる日々のレシピをご紹介させていただいております。

こんなに簡単で、こんなに美味しく料理できるなんて
魚のパワーって本当にすごい!と思うのです。
日本の国土に生きる皆様。
「魚は骨があるし下ろすのが面倒」と仰られるのでしたら
対面コーナー活用しましょ♪

「すぐに料理できないわ…」
なんて仰る貴方には、漬け床が無駄にならない美味しい漬け方をレッスンで行っております。
忙しい生活を送っていらっしゃる貴方には漬け込んで一週間は冷蔵庫で保存できる
帰宅してから10分で美味しく焼き上がるお魚レシピをお伝えさせていただきます。

日本の周りを泳いでくれている世界最高レベルの鰺や鰯・カマスやチダイなど
日々のお魚を食べましょう。
それは遠く空を飛んでやってくる、冷たく固まった養殖で育った冷凍のお魚よりも
海を自由に泳いで育った本物の素材たちなんです。
日本は素晴らしい漁場に囲まれた国なんです。
私もフランスで料理を勉強した頃には
イギリスとの間のドーバー海峡の魚は世界で一番です!などと
自分の無知を晒すようなことを恥ずかしげもなく言っておりましたが
日本の魚は世界で一番です!と今は胸を張って言うことができます。

昆布や鰹節は世界に誇ることのできる
世界文化遺産に値する先祖の知恵の賜物に違いないのです。
これを化学調味料に置き換えて料理するのは
まず自分の命を軽く捉えていることだと思いますし
自分の生まれ育った国の文化を軽く見過ぎているのだと思うのです。
自分の国は世界最高の文化を持ち合わせていることを自負すること。
誇りを持って、日本の食材を使いましょう。
a0160955_15372383.jpg
今回の投稿は
長年心から思っていたことだったので、思わず力が入ってしまいました。

お申し込みの皆様
どうか楽しみにお越し下さいね102.png



by Chez_Eri | 2019-10-12 16:13 | 和のおもてなしクラス | Comments(0)

5月のシンプリーフレンチ

新緑の季節
毎日の生活で
無理なく美味しく作ることができ
負担なく旬の食材を料理するレシピを考えています。
a0160955_14283432.jpg
前菜には昆布出汁とほんの少しの浅利
お豆がとても美味しい時期なので
それを使ってシンプルな淡水スープにしました。
a0160955_14284408.jpg
メインには今回のテーマ:塩を最大限有効に活用する
を生かして20分で出来上がるシンプルフレンチです。
メインも添え野菜も生き生きとして美味しい!
年をとっても。しわくちゃのおばあちゃんになっても
美味しいね楽しいねと笑いあえるような食事を作りたい。

 現在はフレンチと和のおもてなしクラスと料理クラスは二つをやっていますが
アプローチは違えど根本は同じです。
和と洋。

根本は同じでも
作りは全く違う。
作る人間は同じでも作る料理は違ったものができる。
面白いですね。
和には和の良いところ。
洋には洋の良いところが。

a0160955_14285424.jpg
デザートには
砂糖をほとんど使わないで作るものを用意しました。
オリーブとオリーブオイルで作るサブレに
熟成の効いたカマンベールのアイスクリームとチェリーを添えて。
仕上げにたっぷりのハチミツとフルールドセルをかけていただきます。

んーーーー
美味しい!
自然と笑顔になりますね。

7月のフレンチも美味しいものを作りますよ!


by Chez_Eri | 2019-06-18 15:12 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

3月のシンプリーフレンチクラス

昨日からこちらでも桜がちらほら開き始めました。
皆様いかが過ごしですか?
a0160955_13210253.jpg
3月の料理クラスでは
新玉ねぎやサラダ菜など
そのままで美味しく感じらる野菜達を
ロックフォールのチーズケーキと共に盛り合わせました。

a0160955_13361642.jpg
ナッツやドライフルーツを添えて
週末に手軽にできるシンプルレシピ。
ワインが楽しめる一品です。

a0160955_13211138.jpg
こちらはローストポーク。
シンプル極まりない料理ですが
数々の秘密のポイントがあり笑
そちらを抑えておくと
柔らかくジューシーに焼きあがります。
自家製のマスタードは、ポークがさらに美味しく感じられる辛味です。
サンドイッチなどに使うことお勧めです。

a0160955_13212194.jpg
フランスのおやつの定番クレープ。
じっくり香ばしく焼い上げます。

Bon Appetit!

by Chez_Eri | 2019-03-27 13:44 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

和のおもてなし 1月

a0160955_16592387.jpg
一月の和のおもてなしクラスも
無事に終わりました。
a0160955_17042641.jpg
かぶら寿司を作りました。
仕込みから出来上がりまでひと月あまり。
天然鰤、それも大きなものを柳橋市場から仕入れて塩漬けして
作りました。お米と麹の甘みが全体を丸くまとめてくれる。
素材と時間が味を作るといっても過言ではなく
人の手はそれを支えるためだけに必要なだけ。
そのお味は…皆様と一緒に囲むことができて本当に幸せなことでした。
器は「レ・トロワ・アントゥルプ」さんのものです。
a0160955_16594498.jpg
揚げ餅のみぞれあん。
体が温まる冬のお椀。
a0160955_16593366.jpg
茶わん蒸し。
馴染み深いお料理ですが、丁寧にゆり根と銀杏だけの具材でいただきました。

a0160955_16595663.jpg
鴨の治部煮も家庭料理に十分になりえます。
とてもシンプルなお料理です。
大根ステーキや、ごぼうの醤油漬けなど自然の産物を限りなくシンプルに。
自家製味噌で作る味噌汁など、ご紹介するのは
季節に合う、体が優しく生まれ変わるお料理たちです。
a0160955_17000955.jpg
デザートには自家製の小豆に苺と白玉を添えて。
a0160955_17003659.jpg
a0160955_17002311.jpg



by Chez_Eri | 2019-02-04 17:18 | 和のおもてなしクラス | Comments(0)

シュトーレンクラス

「Stollen シュトーレン」
アーモンド・ヘーゼルナッツ・マカデミアナッツ・ピスタチオにスペイン産のアーモンドのマジパン…
カレンズ・クランベリー・アプリコットにオレンジとレモンピールなどのドライフルーツなど
贅沢な材料を惜しげもなく使い
焼き上げました。
バニラビーンズもたっぷりと入っています!
a0160955_13431043.jpg
持ち帰られたシュトーレン
一週間の熟成を待ってからお召し上がりいただくのがベストなのですが
皆さん待ちきれずにひょっとして封を切られたのではないかしらと心配です。
2週間ほどするとどっしりとした重量感が出てきます。
「一週間待ってね」を控えめにお伝えしたことを後悔。
ものすごく強調しなくてはいけなかったわ!



by Chez_Eri | 2018-12-07 14:18 | パン | Comments(0)

11月の和のおもてなしクラス

体が喜ぶ季節のものを
シンプルに
美味しく!
a0160955_13292141.jpg
a0160955_13301772.jpg
向:タイの昆布締め 柿窯に

a0160955_13300283.jpg
椀:銀杏の葛豆腐 すまし仕立て
a0160955_13293923.jpg
a0160955_13324090.jpg
焼:鰤のけんちん焼き
a0160955_13304390.jpg
炊:豚と大根の炊き合わせ
a0160955_13310602.jpg
菓:クルミと豆乳のお汁粉




by Chez_Eri | 2018-12-07 13:38 | 和のおもてなしクラス | Comments(0)

シンプリーフレンチクラス 9月

体が喜ぶレシピ♪
a0160955_15583478.jpg
レバーペーストと季節の果物の盛り合わせ
a0160955_15584874.jpg
名古屋コーチンのフリカッセ
今日は何を食べようかしら~~♪
…と夕方買い物に行ってからすぐにその晩に作ることのできるお気軽レシピ♪
シェエリが25年かけ体と心が喜ぶように
改良に改良を重ねて磨き上げてきたレシピです。
a0160955_15590634.jpg
マドレーヌ
チョコレート味。
お家で作るからこそ実現できる贅沢さ
自分のため、家族のため、そしてお友達のために…
沢山作って冷蔵庫にストック。
a0160955_15591785.jpg
今月もありがとうございました。






by Chez_Eri | 2018-09-15 16:27 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

7月 和のおもてなしクラス

日本の良きもの
日本の空間・料理・しつらえを味わうこと。
初夏 涼しく過ごせるような時間がテーマとなりました。
a0160955_11120385.jpg
茄子の田楽・レンコン饅頭・アナゴの煮凝り
a0160955_11121887.jpg
a0160955_11133791.jpg

a0160955_11114958.jpg
冬瓜と子芋の炊き合わせ・胡瓜とコーチンのささみの酢の物・アイナメの味噌汁・かりもりの自家製粕漬け・新生姜ご飯
a0160955_11132228.jpg


a0160955_11130809.jpg
フクロウの最中に自家製の漉し餡と自家製の豆乳黄な粉ジェラートを詰めて…
a0160955_11264261.jpg
心を込めて準備を進めるうちに
「lこんなものしかありませんが…」という気持ちになりました。
和のおもてなしクラスを準備するといつもこう思うのです。なぜだろう…?
と考えるうち
少し前まで日本人は「粗茶ですが…」と言って自分のところのお茶を客人に出したものですが
その気持ちと同じ感じです。
でも物心つくうち、お茶は粗茶ではなく、いいものをお出しするもの。
謙遜の気持ちは外国の方には理解されないのだと
考えを改めてきました。
ですが今になって考えてみると、それは日本のいいところだったのだと思うようになりました。
お客を想いながらの謙遜。
それに昔は本当にいいものがそんなになかったのではないかと。
それでも一番美味しくなるように心を込めて一杯のお茶を淹れていたのではないかと。

日本人の美徳。
懐かしく思い出します。

「菊と刀」も面白く思い出します。

次回は11月。和のおもてなしクラス。
どうかお楽しみに。
私も楽しみです。






by Chez_Eri | 2018-07-26 11:41 | 和のおもてなしクラス | Comments(0)

5月シンプリーフレンチクラス

5月のレッスン風景
春にんじんのラビオリ コンソメ仕立て
a0160955_18345744.jpg

豚フィレ肉の低温調理 ブルーチーズのソース 初夏の野菜添え

a0160955_18350323.jpg

フランボワーズのスフレ ヴァニラアイスクリーム添え

a0160955_18351129.jpg

心と魂が生きる料理を目指しています。
無駄をそぎ落とした極めてシンプルな料理たちです。




by Chez_Eri | 2018-07-18 18:39 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)