タグ:人 ( 7 ) タグの人気記事

姉によるシェ・エリ オリジナルの・・・

a0160955_10542315.jpg

シェ・エリのネームプレート…
私の姉が11カ月かけ少しずつ絵付けして
作ってくれました
a0160955_10544072.jpg

伊勢海老やエスカルゴ・麦の穂や
裏面にもアスパラガスやグリンピースなど
食材ばかりを選び、丁寧に描いてくれて…

細かく見ると、小さなエンボスがぎっしり。
一筆一筆、一点一粒、姉が時間をかけてくれたんだと思うと
愛おしくなります。

小さなころから絵を描くのが好きで
庭で、部屋で、屋根の上で、一輪の花を前にじっと何時間でも描いていたのが懐かしいです。
そんな姉が絵付けを習い始めて
気がつくと10年以上になります。

次の作品がとっても楽しみです。
絵柄がオリジナルなので、毎回楽しみ♪
[PR]
by Chez_Eri | 2013-04-15 11:05 | 日記 | Comments(0)

マダムNのパリ土産♪

パリとリヨンの旅行から戻られたマダムN。
胸の中の息もまだパリの空気が残っているかの程
帰国されたその日の内に、フランスはブルターニュの名品
フランス有名パティスリーやシェフご用達のBordierのバターを届けてくださいました。

a0160955_101966.jpg


今回は、ワカメ入り。
前回の「UMAMI」のテーマから話が結びついています。

次回4月の授業で、たっぷりとボルディエを使ったメニューを考えるつもりでおります。

フランスが誇るバターとそれを使った料理をお楽しみにお越しください。

マダムN、メルシーミルフォワ!
[PR]
by Chez_Eri | 2012-03-26 10:24 | 食材 | Comments(2)

2011年

a0160955_1059626.jpg

今年も残すところ4日となりました。
シェ・エリにお越しいただいた生徒さん方、お世話になった方々には心より感謝の念を感じます。
今年は震災・原発事故という大きな出来事が起こりました。
余りに衝撃的な災害でありましたので
私たちの心に気が付かない所で様々な変化があった年であったと思っております。

シェ・エリのお料理につきましては
盛り付けなどは3.11以前と変わらないように見えますが
食材などは身近で素朴な食材を使うようになりました。
少しのアイデアと食材と丁寧に向き合うことで、身近な食材に新たな魅力が現れて来ます。

来年もこの姿勢を継続しレシピを作って参りたいと思います。
…とは言いましても、飽きないよう面白い食材にもチャレンジしますけれど…!

今ここにいられることに感謝し、来年は今年以上によい年にして参りたいと思っております。

シェ・エリでは、引き続き美味しいものの探究が続きます。
どうか皆さまもシェ・エリと共に様々な食材を大切に料理する旅をご一緒していただければ幸いです。

来年もどうかよろしくお願い申し上げます。

PS.上の写真はダリア・ラナンキュラス・柏葉紫陽花の葉などを使った生け込みです。
器は 内田邦太郎氏の作品です。 とそう庵にて購入。

a0160955_10592846.jpg

写真には見えにくいのですがハートの周りには子供たちが点在、腰をかけています。
母が人形で遊んでいます。
[PR]
by Chez_Eri | 2011-12-27 11:26 | 日記 | Comments(0)

苔 モス

a0160955_17542065.jpg

苔を母が購入

a0160955_17542974.jpg

その苔を使って母が箱庭をつくる。
そこには色々なものが登場します。
覗きこんでいる鳥や・・・

a0160955_17543729.jpg

悟りきったような仙人が潜んでいたり…

a0160955_17544569.jpg

もっとひいて見ると休憩するベンチや動物…
意味がありそうで、なにやら思いつくままに置いていたり・・・?
見る人をおちょくっているようにも思えるその構図。

なんだか面白い。

さて今日の嬉しいこと。
お休みされていた生徒さんが復帰されました。
その間パンの勉強に専念されていたのですが、
彼女が真剣に作られたパンの写真、
シンプルでありながらモダンなオリジナルデザインパンの作品を見せて下さいました。
自分に出来ること、のばすことができるものを磨くというのは素晴らしいと思います。

皆それぞれが自分に出来ることを精一杯頑張る。
それが未来につながること。
小さなことは大きなことに繋がる。

震災や原発など消極的になりがちな時代でありますが
自分に出来ることを自分の住んでいる世界で頑張ることが大切なのだと思えてなりません。

今日はKさんのお顔を久しぶりに見ることが出来てとても嬉しいことでした。
ありがとうございました。
[PR]
by Chez_Eri | 2011-04-16 18:13 | 日記 | Comments(0)

12月のガストロクラス もろもろ

a0160955_11431253.jpg

フランス シャラン産のパンタード フレッシュの状態でフランスから入手し・・・

a0160955_11431911.jpg

ロティにしました。
エストランゴンをさし込み、 中にはくるみとレーズン・パセリなどを詰め…

a0160955_11432890.jpg

マダムHのフランス(とヒースロ)の思い出。
クリスマスのパリとシュツッツガルトを楽しまれ、あちらのノエルの様子を私たちにも見せて楽しませて下さいました。
パトリックロジェのオレンジが効いたチョコレートと一緒に…。ありがとうございます。

a0160955_1143388.jpg

クリスマスにシェ・エリでは キューピーが指揮をふるって盛り上げます。
[PR]
by Chez_Eri | 2010-12-25 11:50 | ガストロノミー料理クラス | Comments(0)

マダムの粋

生徒さんのマダムH(アッシュ)。
とてもモダンで素敵な方です。

マダムHは、習得されたことを早くに実践される。
見習いたい人です。

先日の上級科料理クラスのナマコのお料理は
とても手間がかかります。
まず干しナマコを取り寄せることから始まり
水で戻すのに5日間。
それから料理へ昇華させなくてはならない。

マダムHはこのお料理を大切なお客様のおもてなしの一皿として作られたのだという。

「おもてなし」は、人と接する機会の中で特にその人となりを感じられる貴重な機会であると思っています。
相手の人柄を汲み、喜ばし、更に驚かせるための
アイデアと常識のバランスがとても重要となる。
もてなす側ともてなされる側とどちらも礼節が大切だ。

おもてなしは、お付き合いの中でも上級な方法であると考えます。
相手を大切に思い、喜ばすために尽力する。

マダムHは、その時のお料理に
もっとも手間のかかるこの一皿を選ばれたわけです。
本当に見習いたいです。

a0160955_85264.jpg

干しナマコを戻す過程のお写真。
左の3つが戻す前のもの。
右の3つが戻した後。
本当に大きくなるんです。
マダムH、ありがとうございました。

マダムHにChapeau!シャポー(脱帽)!
[PR]
by Chez_Eri | 2010-03-16 08:56 | | Comments(0)

かわいい

妹の様な存在。
a0160955_9271872.jpg


逆光になってしまった・・・!
[PR]
by Chez_Eri | 2010-03-03 00:18 | | Comments(0)