タグ:お菓子 ( 38 ) タグの人気記事

小豆のタルト

a0160955_16310987.jpg
小豆を美味しくフランス菓子に…
そんな思いで取り組んだこのお菓子は
小豆を茹でて漉し餡を作るところから始まりました。
甘さを控えて仕上げたこの餡をもとに、
練り切り餡のようでいながら
モンブランクリームのような味わいと口当たりを作り上げました。
a0160955_16305812.jpg
和三盆糖も使い
和の香りや、そして発酵バターの濃厚な風味が加わり
大人なお菓子の出来上がりです。
a0160955_16360330.jpg
サクサクとしたタルト生地は日が経っても風味はそのまま。
熟成するにつれうま味が一体化して美味しくなります。
a0160955_16360330.jpg
味の変化を楽しみながら味わう
和の食材のフランス菓子の出来上がり!
a0160955_16361459.jpg
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


[PR]
by Chez_Eri | 2018-09-06 16:42 | お菓子クラス | Comments(0)

ピスタチオと苺のお菓子

a0160955_09294892.jpg
ピスタチオのダックワーズ
ピスタチオのムスリーヌクリーム
パイ生地
そして苺
a0160955_09301470.jpg
幾度にも渡る試作の末できあがったお菓子です。
エルメ氏の「モンテベッロ」というお菓子を参考にしました。
ダックワーズをこのような形に焼き上げるのは流石エルメさん!
伝統のお菓子を新しく洗練された形にクリエイトするセンスが抜群。
a0160955_09295870.jpg
買ってくるものではあり得ないほど贅沢に
シェ・エリ特製のピスタチオペーストを使い
オリジナルの味にしました。
a0160955_09302043.jpg
a0160955_09300424.jpg
心も魂も満足するようなお菓子を目指しています。
集まって下さる生徒さんに感謝・素材に感謝です。





[PR]
by Chez_Eri | 2018-04-28 09:38 | お菓子クラス | Comments(0)

ピスタチオ

a0160955_09243206.jpg
おいしいピスタチオのお菓子を目指して
何度も試作する内、薄皮を剥いて滑らかにする必要があることに気がつきました。
一粒一粒手で黙々と取り除き
できあがったペーストの色鮮やかなこと。
フレッシュこの上ないこの材料をこの上なく贅沢に使って
4月のお菓子クラスのレシピができあがりました。
a0160955_09244337.jpg
生徒さんにも手伝っていただいて完成。
混じりけなしの天然の味。
素直においしい。



[PR]
by Chez_Eri | 2018-04-28 09:29 | お菓子クラス | Comments(0)

2月お菓子クラス

2月のチョコレートクラスでは
ナッツをローストし、皮を一粒一粒手で剥き
ペーストにして作りましたシェエリ製のジャンドゥーヤを使いました。
a0160955_14393298.jpg
ナッツの香りが豊かに、そして滑らかな仕上がりになりました。
a0160955_14395391.jpg
チョコレートサブレ生地に、マスカルポーネのクリーム、
そして自家製ジャンドゥーヤのガナッシュ、
自家製グラッサージュで仕上げます。
a0160955_14394148.jpg
「あっという間になくなってしまった」と、生徒様たちの
嘆きの声・・・

また来年に更に美味しいチョコレートを作りましょう!





[PR]
by Chez_Eri | 2018-03-20 14:51 | お菓子クラス | Comments(0)

ノエルのお菓子クラス

カシスとヴァローナのチョコレート「ドゥルセ」のマリアージュ
Noel Cassis-Dulcey 2017
a0160955_08185065.jpg
カシスとフランボワーズのジュレと
ドゥルセのムースを
ロ-マジパン入りのビスキュイで挟んで作りました。

a0160955_08185658.jpg
ほんの一切れを紅茶と合わせていただくと
ほっと口の中に香りと濃厚さが広がります。
a0160955_08190358.jpg
温かい紅茶がクリームの濃厚さを豊かにしてくれます。
私の好みはMariageFrereのMercoPoloですが
ご自身のお好みで合わせていただければうれしく思います。

Merci!
et a bientot...181.png181.png181.png162.png162.png162.png 109.png


[PR]
by Chez_Eri | 2017-12-29 08:27 | お菓子クラス | Comments(0)

テーブルのお花

a0160955_14083071.jpg
庭で咲いているお花たち
貝母・ふきのとう・そのほか私の知らないお花が沢山。
楚々とした小さな花をたくさん活けこむことで
春の野原で出会う瑞々しく小さなパワーが詰まったようなテーブル花が出来上がりました。
a0160955_14082176.jpg
活け終えた母はぐったり。
魂を込めて出来上がった花は瑞々しく
母は魂を抜かれて少々ぐったり。
翌日には元の母に戻りホッと安心しました…



苺のショートケーキクラス
[PR]
by Chez_Eri | 2017-04-24 14:13 | 花たち | Comments(0)

ヴァレンタイン レッスン!

オレンジとチョコレートの組み合わせ。
a0160955_16195898.jpg
クリスマスに続き巻物ですが・・
今年はマルゥのチョコレートを使ってつくりましたよ。
ヴェトナムでフランス人青年二人が奮闘して作っている
テロワールを生かしたカカオ豆ときび砂糖だけで出来上がった混じりっけ無しのチョコレートです。

a0160955_16200455.jpg
原料がカカオと砂糖だけってなかなかありません。
湿度の高い現地で乳化剤無しで作り上げる。
冒険と挑戦する心を持ち、製品にして流通させるまで仕上げる彼らに興味が湧きました。
お味もなるほど、直球です。
美味しい。ありがたく感じるチョコレートでした。






[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 16:23 | お菓子クラス | Comments(0)

ノエルのお菓子

クリスマスも24日のイブまで作りましたよ。

クリスマスの花ですが
写真を撮るのは本当に難しいと感じます。
母の世界観の一部を切り取ってしまうのが残念です・・・。
a0160955_15471963.jpg
ホワイトクリスマスをテーマに白い世界を作りました。
a0160955_15465480.jpg
出来上がってお菓子を皆さまが嬉しそうに持ち帰られる姿がなんともいえずこちらまで幸せになるので
つい頑張ってしまいます。

a0160955_15470341.jpg
ヴァローナの「オパリス」と「ドゥルセ」を使いました。
特にドゥルセはホワイトでもなくキャラメル味でもなく・・・
シェフがホワイトチョコレートを湯煎に当てたまま忘れて焦がしてしまったものの食べてみたら美味しかったことから製品化されたチョコレートです。
a0160955_15471291.jpg
チョコレートのテンパリングに、飴細工。
一つのお菓子を作り上げるのに幾つかの工程を経て仕上がります。
私は一つのお菓子を作り上げるためのパーツを作りますが
パティスリーとなれば数種類のお菓子に何十種類ものパーツを組み合わせて作るので
その手間暇は気を失うほどだと想像します。

2017年もより美味しいものを皆さまと作りたいです。





[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 16:01 | お菓子クラス | Comments(0)

ミルフィーユのお菓子クラス

a0160955_18043845.jpg
4月と6月のミルフィーユクラスの写真。
a0160955_18044689.jpg
はらはらと口の中で軽くほどけるパイ生地。
バターの香りが豊かに広がる生地が理想・・・。
そんなパイにバニラの芳香たっぷりのクリームを挟み
仕上げました。
a0160955_18040114.jpg
フランス菓子の奥深い味わいに改めて本当に美味しいと思うお菓子ができました。

テーブル花には、スグリの房と庭の花を合わせて母が生けてくれました。







[PR]
by Chez_Eri | 2016-07-11 18:10 | お菓子クラス | Comments(0)

Religieuse ルリジューズ…!

a0160955_08573264.jpg
夏のルリジューズレッスン、無事に全て終えることが出来ました。
シュー生地・マカロンなどシンプルな工程なお菓子ですが
パーツをいくつも組み立てて出来上がるルリジューズはとても手間がかかります。

過程はまるで職人さんのようですが
出来上がって持ち帰られる皆さんの後ろ姿はいつも浮きうきをして
足取りがとても軽いのが印象的です。
それにしても沢山作りました…。

a0160955_08574354.jpg
すみれの風味のルリジューズ
隠し味にヴァローナのオパリス(ホワイトチョコレート)を使いました。
甘さ控えめながらうま味がしっかりした味になっていると思います。
すみれのテイストは100%天然のものを使って出しているので、
味わいは強すぎず上品に仕上がっていると思います。
a0160955_08575916.jpg
チョコレートのルリジューズには
ヴァローナのP125。
カカオの味がしっかり表現できます。

12月はマロンのクリスマスのお菓子です。
私としてはマリ―アントワネット的イメージで作りたいと思っていますが…
さてはて????






[PR]
by Chez_Eri | 2015-09-03 09:14 | お菓子クラス | Comments(0)