ブリオッシュクラス

a0160955_14045750.jpeg

マリーアントワネットの「パンがなければお菓子を食べたら…」の言葉で有名になったブリオッシュ。しっとりしていて香ばしい、卵とバターがたっぷり。柔らかいけれど香ばしく焼いてあるのがフランスのブリオッシュ。
ばリエーションがいくらでもあって、今回どれを作ろうか、悩みに悩んで5種類選びました。
a0160955_14053733.jpeg
ブリオッシュドナンテール
生地そのものの美味しさを味わえます。
a0160955_14071987.jpeg

ブリオッシュ、トロペジェンヌ
レモン🍋と濃厚なカスタード、よく冷やしていただきます。
a0160955_14074784.jpeg

a0160955_14080797.jpeg

パンペルデュ、全て自家製〜
a0160955_14083922.jpeg
庭のカラーや紫陽花など。
a0160955_14091184.jpeg
こちらはアレンジバージョン、自家製ピスタチオを使って、ピスタチオクリームをロールにしました〜
a0160955_14095402.jpeg


ムスリーヌ
こちらを使って、パンペルデュを作りました。

そのほか、ブリオッシュ・ド・サンジェニも。
ピンクのプラリネを作って使いました。

発酵する過程を見ながら、焼き上がりの瞬間の楽しさは
自分で作るからこその醍醐味。

パンクラス、わたしは大好きです。

# by Chez_Eri | 2018-07-18 14:03 | パン | Comments(0)

ピスタチオと苺のお菓子

a0160955_09294892.jpg
ピスタチオのダックワーズ
ピスタチオのムスリーヌクリーム
パイ生地
そして苺
a0160955_09301470.jpg
幾度にも渡る試作の末できあがったお菓子です。
エルメ氏の「モンテベッロ」というお菓子を参考にしました。
ダックワーズをこのような形に焼き上げるのは流石エルメさん!
伝統のお菓子を新しく洗練された形にクリエイトするセンスが抜群。
a0160955_09295870.jpg
買ってくるものではあり得ないほど贅沢に
シェ・エリ特製のピスタチオペーストを使い
オリジナルの味にしました。
a0160955_09302043.jpg
a0160955_09300424.jpg
心も魂も満足するようなお菓子を目指しています。
集まって下さる生徒さんに感謝・素材に感謝です。





# by Chez_Eri | 2018-04-28 09:38 | お菓子クラス | Comments(0)

ピスタチオ

a0160955_09243206.jpg
おいしいピスタチオのお菓子を目指して
何度も試作する内、薄皮を剥いて滑らかにする必要があることに気がつきました。
一粒一粒手で黙々と取り除き
できあがったペーストの色鮮やかなこと。
フレッシュこの上ないこの材料をこの上なく贅沢に使って
4月のお菓子クラスのレシピができあがりました。
a0160955_09244337.jpg
生徒さんにも手伝っていただいて完成。
混じりけなしの天然の味。
素直においしい。



# by Chez_Eri | 2018-04-28 09:29 | お菓子クラス | Comments(0)