3月料理クラス

「人生100年」といわれる昨今。
私自身やっとUターン地点にさしかかろうかとするところです(実際にはまだですが笑)。

3月料理クラス_a0160955_12222338.jpg

残りの半分がこれから始まろうと地点を前に
料理に対する想いも、随分と深まっていることに気が付く。

若いころには
美味しいだけで満足だった。(餓鬼とガキはイコールかしら)
でも今は違う。
食べるというのは、ただ口に入れて消化させているのではない。
作る人の思い、哲学などすべてを口を通して体に入れるのだ。

口から体に入る要素には、実は膨大な情報や想いや栄養素が含まれている。
食物は元は命あるものだった。
食べるということはその命に含まれるDNAを摂取するということ。
そのDNAには育った環境があったはずで
その環境によって、DNAの状態が左右される。
DNAの損傷が少ないものの方が健康なものであるのは言うまでもない。
野菜・海産物・畜産物・水・果実等…。

土から芽を出し太陽の下で成長した植物、
海中を自由に動き回った活きのよい海産物
母乳を与えられて草の上を自由に動き時間をかけて育てられた畜産物、
土の中を自然にろ過して流れるミネラル豊富な水

料理とは、食材を食べられる形に変えて皿に盛ったもの。
食材の数だけ生産者の想いが詰まっていると言えるし、食材の命(DNA)をいただいているのであるし、料理人の哲学で盛り付けられているのである。

「美味しい」という言葉の奥には実に多くの含みがあるのだ。

ホンの少し前までこれほどの選択肢はなかった。
料理するのも単純だった。
今は、実に選択肢が広い。
それは、人間の多様性とも共通する。

私が皆様にお伝えしたいのは
人生100年を通して健康に過ごしながら各々の使命を果たすという料理です。

美味しければよいというのではなく
自分だけがよければよいというものでもなく
人間だけでなく
地球全体が循環を滞らせることなく
いきいきとする料理。

それが3月から始めたエシカル&サステイナブルな料理クラス。
始めたばかりでひよっこではありますが
少し面白いのではと思います。
25年かけて勉強してきたスパイスや世界中の個性あふれるオイルたちをふんだんに使い、
フランス料理でも日本料理でもない
手をかけずにシンプルに料理するという内容です。

3月料理クラス_a0160955_12215950.jpg
ヘンプスープ
(麻の実のスープ)
太古の昔から親しんできた麻。
今は大麻法で自由な栽培は禁止されていますので
カナダ産を使っています。
3月料理クラス_a0160955_12220721.jpg
海の幸と雑穀
3月料理クラス_a0160955_12221305.jpg
ココナッツオイルのタルトレットに
未精製のハチミツやアルガンオイルをたっぷりとかけて
和歌山の生産者さんが手塩にかけてそだてた福原オレンジのマーマレード

このような料理を作ることは結果的に美容と健康に結びつく内容となっています。

食材と自分は対等であると思えば自ずと選ぶ素材も決まってくるというもの。
100歳まで薬に頼らず、自分の頭と手を動かして生を全うしたいものです。









タグ:
# by Chez_Eri | 2020-07-26 15:17 | エシカル&サステイナブル料理クラス

生きている麹を日々の調味料に

昨年はお味噌を、
備長炭で火を起こし、その熱で茹でた国産の大豆と大切に作られた麹で仕込みました。

熱は一つの波動なのではないかと、幼いころから炭をおこして湯を沸かし目の当たりにしてきたので、
そう自分なりに理解しています。
その幼いころからの体験が今は味噌づくり会として皆様と共有することに繋がっています。
炭の熱の伝導は、ガスの火とは比べ物にならないほど食材にまっすぐ直線的に伝わります。
食材の表面を損ねる度合いが少なく短時間で芯まで火が通ります。
生きている麹を日々の調味料に_a0160955_09390313.jpg
蓋を開けた瞬間、豆の甘い香りがあたり一面に広がり
ふっくら煮えた豆を一粒口に含むと、柔らかくて甘くて感動します。
生きている麹を日々の調味料に_a0160955_09380072.jpg
こちらは一年熟成したもの。
空気に触れた表面にはカビが付きます。
その箇所を丁寧にスプーンで掬い、取り除き、
生きている麹を日々の調味料に_a0160955_09382188.jpg
大き目のボールなどへ返して移し、練り合わせこのような団子状にします。
清潔な保存容器に空気が入らないように移し入れます。
自分が美味しいと感じる味になり熟成が完了したら冷蔵庫で保存。
3年ほど美味しい状態が続きます。
生きている麹を日々の調味料に_a0160955_09383230.jpg
こちらは、麹の量がたっぷりと入った白みそタイプです。
旨みが濃厚。甘酒のように滋養分が含まれます。
生きている麹を日々の調味料に_a0160955_09384320.jpg
どちらも美味しいですが、上の赤みそタイプは塩気がシャープでさっぱりと。
白みそタイプは、旨みが濃厚。
毎日の味噌汁に、2つの味噌を気分に合わせて分量を決めて使うと
滋養分がたっぷりと含まれ、いきいきとしたものが出来上がります。
生きている麹を日々の調味料に_a0160955_09392290.jpg
今年の春は、コロナウィルス拡散防止のために皆様と味噌を作ることができません。
ですので皆様の代わりに私が炭をおこして来年に春にお渡しできる味噌を
500g1800円(白・赤味噌共に同じ価格)にて作らせていただきたいと思います。

ご希望の方は4月8日水曜日の18時までにお申し込みいただけますと
来年2021年の3月~4月お渡しの予定で仕込みをさせていただきます。
①白みそタイプか赤味噌タイプか。
②ご希望の量(500g単位で)
を eri@chezeri までお知らせください。

お申込金として、味噌代金の半額を指定の口座までお振込みいただく形をとらせていただきます。
郵送を希望される方は、別途配送料800~1000円を
保存容器をご希望の方は別途500円(500g用)2500円(2kg用)~2600円(4kg用)(味噌の量に合わせて)必要となります。
郵送料と保存容器・残りの代金は、来年2月末に請求させていただきます。
味噌の手入れなどもこちらでさせていただきますのでご安心ください。

なんだか物売りのような投稿になってしまいましたが、
2020年のお味噌づくりの会はこのような形でさせていただきます。
梅干しもこのような形でさせていただこうかな…ナンテ笑

鈴木永里





タグ:
# by Chez_Eri | 2020-03-31 11:35 | 調味料

チョコレートのお菓子クラス

チョコレートのお菓子クラス_a0160955_16003137.jpg
今年の2月にはチョコレートのお菓子をちょこちょこと3種類。
生のピスタチオのチョコレート菓子と
チョコレートのカヌレと
チョコレートのプティフールを。
チョコレートのお菓子クラス_a0160955_16004443.jpg
食べごろがそれぞれ違うので
いつも食べるお菓子があるように…
チョコレートのお菓子クラス_a0160955_16005434.jpg
ピスタチオがふんだんに使ってあるこちらの生のお菓子の熟成には一週間。
それまでの間、焼いた当日が一番おいしいカヌレを。
カヌレの次にはチョコレートのフィナンシエ。
食いしん坊万歳笑。
チョコレートのお菓子クラス_a0160955_16010476.jpg
自分で作ってセットしていると
写真を撮る心の余裕がなく、
いつもがっかり。
今回の写真も暗くてこげ茶色にしか見えない泣。


タグ:
# by Chez_Eri | 2020-03-23 16:07 | お菓子クラス