2月和のおもてなし

母は何かとお寿司を作るのが好きでした。
ちらし寿司に巻きずし、そして箱寿司…事あるごとに作っては、隣近所の方に配ったり
お客様を出迎えたり。
年をとるにつれ、そういった機会は減り身内で楽しむ程度にはなりましたが
2月和のおもてなし_a0160955_22413514.jpg
2月和のおもてなし_a0160955_22414242.jpg
こんな素敵なヒノキの木枠が物置に存在するのがその証拠。
西三河地方で昔はどんな家でも作っていたようなのです。
私も小さなころに食べた記憶があります。
そして母の作るお寿司はすべてどれも本当に美味しかった…!
そんな記憶をたどって、
母の味を再現してみました。
母には、人様に教えられるほどではないと怒られそうって感じながら。
すし飯の炊き方とか、塩や酢の加減。
時間がたっても美味しいすし飯のレシピは
手巻き寿司などでも活用していただけるし
一人用、二人用に茶碗に盛り付けて、鯛の薄切りをのせても簡単な寿司が出来上がるのですから
部分的に活用してもらえたら嬉しいって、そんな気持ちでレシピを作っています。
母は、料理するときに、いちいち計量するような人間ではありませんでした。
全て目分量。
それが自慢でおおざっぱを楽しむ人でした。
でも私はグラム単位で数値を割り出してレシピに落としこみます。
生徒さんが簡単に再現できるにはそれが大切。
2月和のおもてなし_a0160955_22414985.jpg
2月和のおもてなし_a0160955_22415648.jpg
2月和のおもてなし_a0160955_22420306.jpg
2月和のおもてなし_a0160955_22421170.jpg
大好きな友人が生徒さんとして参加してくださいました時の写真を使わせてもらってます。
2月和のおもてなし_a0160955_22421741.jpg
蕪ずしも作りました。
こちらは、私発のすし。
何十年も前の、雑誌「専門料理」に記載されていたものを再現。
その後何度も作り自分流に。

教室で蕪ずしを作るのは、これで5回ほどでしょうか。

シェエリ冬の定番となりました。




# by Chez_Eri | 2023-08-29 23:02 | 和のおもてなしクラス

ヴァレンタインのチョコレート販売

ヴァレンタインのチョコレート販売_a0160955_22102730.jpg
原材料は世界一ともいえるクオリティ。

菓子製造販売許可を取得しているので
生徒様以外の方たちにも販売させていただきました。
予想よりもはるかに多い注文をいただきましたので
精一杯作らせていただきました。
ヴァレンタインのチョコレート販売_a0160955_22103416.jpg
ご注文いただき、誠にありがとうございました。
ヴァレンタインのチョコレート販売_a0160955_22155945.jpg
極上の材料たちは
誤魔化しが効かず
繊細な指使いが求められ
一人で全てをこなしているため
最後の方は、軽いノイローゼになってしまったことは
今となってはいい笑い種です。



# by Chez_Eri | 2023-08-29 22:19 | 菓子販売

2023年の始まり

2023年は、食べることを楽しむ
ランチクラスで幕開けしました。
コロナ禍で始まったランチクラスは
普段作ることから少し離れて
シェフズテーブルにお越しいただくような
そんな気持ちで始めました。
仕上げ工程をご覧いただきながら
熱々の出来立てをお召し上がりいただくことが出来ます。
2023年の始まり_a0160955_21440384.jpg
年始を泡で乾杯!(ノンアルですが)
シュー生地を焼いて
中に、ロックフォール(ブルーチーズ)のクリームを詰めて作りました。
2023年の始まり_a0160955_21444665.jpg
2023年の始まり_a0160955_21442195.jpg
メインはカナール♬
シンプルに焼き、そのフライパンでソースを作ります。
2023年の始まり_a0160955_21441259.jpg
デザートは、バニラクリームをのせたパイ。
中には苺が入ってます。
2023年の始まり_a0160955_21540705.jpg
2023年の始まり_a0160955_21442906.jpg
暖かな光に包まれた午後でした。
お集まりいただけて感謝申し上げます。
おかげさまで幸せな一日を過ごすことが出来ました。






# by Chez_Eri | 2023-08-29 21:58 | ランチクラス