人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

テーブル花

a0160955_13494200.jpg
ダリアとアジサイ
そして芍薬…
a0160955_13500388.jpg
アマランサス
庭のブルーベリー
a0160955_13495392.jpg
見よう見まねで
母の姿を追いつつ
花を生け始めて2年が経ち
少しずつ楽しく感じるようになってきて
今回は、ダリア・芍薬など
大輪で存在感のある花を
かんざしのように差してみました。
すると、アクセントになって楽しい173.png

ちょいちょいと通りすがりに眺めて
いろんな角度からも眺めて
美しい姿を視界に収めておりました。
花が人に与える効用って計り知れない!




by Chez_Eri | 2019-06-19 13:57 | 花たち | Comments(0)

マカロン講習会♪

マカロン講習会
沢山の方にお申し込みを頂き
盛況に迎えることができました。
a0160955_12085894.jpg
基本的な材料は
粉砂糖・アーモンドパウダー・卵白・グラニュー糖の4つ。
いくつかのポイントを外さず起こして作ります。
一つでもうっかりすると
上手くいかない原因になりますので注意!
a0160955_12082284.jpg
家庭のキッチンで20年以上ものあいだ
作り続けてきたからこそ
皆様に伝えるべきポイントが明確に分かります。
a0160955_12083373.jpg
簡単だけれど
難しい。
マカロンはそういうお菓子です。
a0160955_12134232.jpg
a0160955_12084327.jpg
それでも
パリで買うよりも
日本の名店のものを味わうよりも
美味しいと感じるマカロンをつくる楽しみは
皆様にもお伝えしたい。

時間をかけ様々な状況で作ってきたから
その方法をやっと伝えられるようになってきたと思えます。
a0160955_12080919.jpg
皆様にお集まりいただけて
きらきらとした幸福な時間となりました。
ありがとうございました。


by Chez_Eri | 2019-06-19 12:26 | イベント | Comments(0)

クラススケジュールの発表♪

a0160955_11074529.jpg
先日パリでは大量に
beillevaireの発酵バター
オリヴィエ・ロランジェのバニラ
仕入れてきました!
a0160955_11280505.jpg
ロランジェ氏のバニラ。
こちらもお味と共に香りも半端ないほどに芳醇です。
上の写真はバニラコーナー。
種類は10種類ほどありました。
産地別に、用途に合わせて選ぶことができます。
端っこに父が写っています。。。。
カスタードにはそれ向けの、
海老料理に向くのは…などと香りを聴き
想像力を働かせて選ぶ。

どんなお菓子に仕上げるのか、どうかお楽しみに!
7月と8月のお菓子作りでこのバニラを使います。
このレッスン価格でお菓子を作れるのは大変なお得です!笑
a0160955_11275314.jpg
Epice Roellingerの店内の様子。

beillevaireのバターは
アラン・デュカスなどの三ツ星レストランがこぞって使うというもの。
洗練された中に発酵の豊かさが伝わってきます。
一口味わうとその力強さに唸るほど。
フランスの乳製品は美味しいですが
これは特に秀逸です。


スケジュール、7月後半から12月まで

a0160955_11294166.jpg
Betjeman&Barton紅茶屋さんにて。
こちらでも自分の合わせたいイメージを伝えて
香りを聴きながら選びます。


by Chez_Eri | 2019-06-19 11:39 | お知らせ | Comments(0)

Romi-uni confiture

6月1日に開催したマカロンクラスに
鎌倉在住で大活躍のいがらしろみちゃんが遊びに来てくれました。
パリのコルドン時代のお友達で
同い年の彼女からは一緒に遊ぶ中でたくさんの刺激を受けました。
ろみちゃんにはお菓子だけではなくて
人を喜ばせる才能にあふれているので彼女の周りには
自然と沢山の同世代の子たちが集まりました。
a0160955_17473744.jpg
上の写真はろみちゃんサイトから拝借したものです。
そのろみちゃん
来月7月1日のEテレ「グレーテルのかまど」
大好きな番組に ジャムテーマで出演することになりました!
瀬戸君のお話もマカロンの時に皆にしてくれて
盛り上がりました。

ジャム専門店romi-uni confiture
焼き菓子専門店
そして鎌倉に冬のチョコレート専門店を開き
時代にあった美味しいお菓子で人を喜ばせています。

冬場のチョコレート菓子も超おすすめ!
食べてみると、不思議と小さな女の子が一生懸命
台所に少し背伸びをして作ってくれている姿が思い浮かぶのです。

それはとってもかわいい姿で
きっと小さな時のろみちゃんの姿そのものなんだろうと思いました。

オンラインで注文すると
箱を開けるところから
わくわくドキドキ。
Merci!
…のメッセージカードが差し込まれているのですが
その一言に気持ちを添えているところが
ろみちゃんのすごいところだと思うのです。
a0160955_17410829.jpg

10種類のジャムを持ってきてくれたので
クラスの皆で試食。
どれも素材の味を大切にして作られていて
フレッシュでリキッドで、他のところのジャムとはやはり違うものでした。
愛知県産のグレープフルーツを使ったジャムもあって
皮の風味、苦みなどとても美味しかったですよ。
ジャム瓶にもこだわりがあって
とても取り出しやすいしかわいい!
なんだか褒め過ぎみたいになってきました汗
a0160955_17412001.jpg
a0160955_17413133.jpg
ゆったりとして、温かくて
久しぶりに会えたろみちゃんですが
とてもうれしいひと時でした。

次は鎌倉へ会いに行きます。



by Chez_Eri | 2019-06-18 18:12 | | Comments(0)

テーブル花

ギボシに花が咲いた。
今年は一株に5本も。
それだけでうれしい。
アスチルベの株を買いました。
庭に植えて花だけ少し貰って差して
アイビーやドクダミ・ブルーベリー…
名前がすぐに出てこないけれど20年以上も前に植えた鉢が原種に戻ったかのように
庭に沢山増えて花が咲く。その葉が貴重。水揚げがよく
真冬にも美しい緑をしていてくれる。
a0160955_16571775.jpg
花は母が活けていた姿と発していた言葉を頼りに活けている。
忘れているようで
でも必要な時にはその言葉は頭に浮かぶ。
習うのではなく
自分が感じるままに。
上手くいかない時にはどうやったらうまくいくのか考えて知恵を絞ればよい。
a0160955_16572603.jpg
美しいと思う形は
変化する中の一つであるから
その一つ一つを模索しながら決める。

a0160955_16573735.jpg
感性のままに。

さて
20年以上前に植えた鉢の名前はなんであったか…
見るたびに思い出しているのに
今は思い出せない。

頭がいっぱいになったら忘れること。
でも忘れすぎか笑。



by Chez_Eri | 2019-06-18 17:09 | 花たち | Comments(0)

5月のシンプリーフレンチ

新緑の季節
毎日の生活で
無理なく美味しく作ることができ
負担なく旬の食材を料理するレシピを考えています。
a0160955_14283432.jpg
前菜には昆布出汁とほんの少しの浅利
お豆がとても美味しい時期なので
それを使ってシンプルな淡水スープにしました。
a0160955_14284408.jpg
メインには今回のテーマ:塩を最大限有効に活用する
を生かして20分で出来上がるシンプルフレンチです。
メインも添え野菜も生き生きとして美味しい!
年をとっても。しわくちゃのおばあちゃんになっても
美味しいね楽しいねと笑いあえるような食事を作りたい。

 現在はフレンチと和のおもてなしクラスと料理クラスは二つをやっていますが
アプローチは違えど根本は同じです。
和と洋。

根本は同じでも
作りは全く違う。
作る人間は同じでも作る料理は違ったものができる。
面白いですね。
和には和の良いところ。
洋には洋の良いところが。

a0160955_14285424.jpg
デザートには
砂糖をほとんど使わないで作るものを用意しました。
オリーブとオリーブオイルで作るサブレに
熟成の効いたカマンベールのアイスクリームとチェリーを添えて。
仕上げにたっぷりのハチミツとフルールドセルをかけていただきます。

んーーーー
美味しい!
自然と笑顔になりますね。

7月のフレンチも美味しいものを作りますよ!


by Chez_Eri | 2019-06-18 15:12 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

味噌をつくる会

a0160955_13541961.jpeg
桜の咲く頃🌸
お味噌をつくる会を催しました。
(上の写真は素敵ママが丸めた美しいお団子、私が作るとこれほど丁寧ではないのですね105.png)
a0160955_13555001.jpeg

縁側に腰をかけ
豆が煮えるのを待ち
残り火を使ってお昼ご飯の
田楽や焼きおにぎりを焼き
作っておいた煮物などをみなでワイワイ頂きました
a0160955_13565528.jpeg
備長炭に火を点け
豆が煮えるのを待つのは
静かに沸き立つ音や湯気を感じながらの1時間とすこし。
煮えた豆をペーストにして
塩と混ぜ合わせお団子にして容器に投げ入れる。
単純にして明快なものですが
皆でするとその楽しいことなんの。
a0160955_13593524.jpeg
味噌の完成まで一年ほどかかります。
自然の環境に委ね発酵と成長を待つ。
作るのに手間がかかり
更に完成まで一年待たねばならないのは気が遠くなりそうですが、出来上がりの味噌の味を知ってしまうと買ってくるのでは満足できない。
一年に一度の行事として味噌作りやっていきたいと願う今日この頃です。
a0160955_13573439.jpeg
令和2年はどんな年になっているのでしょうね。
味噌の味が楽しみです。
a0160955_13583338.jpeg
ご参加いただきまして
ありがとうございました。

by Chez_Eri | 2019-06-18 13:53 | イベント | Comments(0)