<   2018年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月 和のおもてなしクラス

日本の良きもの
日本の空間・料理・しつらえを味わうこと。
初夏 涼しく過ごせるような時間がテーマとなりました。
a0160955_11120385.jpg
茄子の田楽・レンコン饅頭・アナゴの煮凝り
a0160955_11121887.jpg
a0160955_11133791.jpg

a0160955_11114958.jpg
冬瓜と子芋の炊き合わせ・胡瓜とコーチンのささみの酢の物・アイナメの味噌汁・かりもりの自家製粕漬け・新生姜ご飯
a0160955_11132228.jpg


a0160955_11130809.jpg
フクロウの最中に自家製の漉し餡と自家製の豆乳黄な粉ジェラートを詰めて…
a0160955_11264261.jpg
心を込めて準備を進めるうちに
「lこんなものしかありませんが…」という気持ちになりました。
和のおもてなしクラスを準備するといつもこう思うのです。なぜだろう…?
と考えるうち
少し前まで日本人は「粗茶ですが…」と言って自分のところのお茶を客人に出したものですが
その気持ちと同じ感じです。
でも物心つくうち、お茶は粗茶ではなく、いいものをお出しするもの。
謙遜の気持ちは外国の方には理解されないのだと
考えを改めてきました。
ですが今になって考えてみると、それは日本のいいところだったのだと思うようになりました。
お客を想いながらの謙遜。
それに昔は本当にいいものがそんなになかったのではないかと。
それでも一番美味しくなるように心を込めて一杯のお茶を淹れていたのではないかと。

日本人の美徳。
懐かしく思い出します。

「菊と刀」も面白く思い出します。

次回は11月。和のおもてなしクラス。
どうかお楽しみに。
私も楽しみです。






[PR]
by Chez_Eri | 2018-07-26 11:41 | 和のおもてなしクラス | Comments(0)

テーブル花

5月のレッスンのテーブル花
a0160955_18352421.jpg
庭の花率100%
特に今年から実を付け始めたジューンベリーがうれしい。

a0160955_18351995.jpg


[PR]
by Chez_Eri | 2018-07-18 18:44 | 花たち | Comments(0)

5月シンプリーフレンチクラス

5月のレッスン風景
春にんじんのラビオリ コンソメ仕立て
a0160955_18345744.jpg

豚フィレ肉の低温調理 ブルーチーズのソース 初夏の野菜添え

a0160955_18350323.jpg

フランボワーズのスフレ ヴァニラアイスクリーム添え

a0160955_18351129.jpg

心と魂が生きる料理を目指しています。
無駄をそぎ落とした極めてシンプルな料理たちです。




[PR]
by Chez_Eri | 2018-07-18 18:39 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

ブリオッシュクラス

a0160955_14045750.jpeg

マリーアントワネットの「パンがなければお菓子を食べたら…」の言葉で有名になったブリオッシュ。しっとりしていて香ばしい、卵とバターがたっぷり。柔らかいけれど香ばしく焼いてあるのがフランスのブリオッシュ。
ばリエーションがいくらでもあって、今回どれを作ろうか、悩みに悩んで5種類選びました。
a0160955_14053733.jpeg
ブリオッシュドナンテール
生地そのものの美味しさを味わえます。
a0160955_14071987.jpeg

ブリオッシュ、トロペジェンヌ
レモン🍋と濃厚なカスタード、よく冷やしていただきます。
a0160955_14074784.jpeg

a0160955_14080797.jpeg

パンペルデュ、全て自家製〜
a0160955_14083922.jpeg
庭のカラーや紫陽花など。
a0160955_14091184.jpeg
こちらはアレンジバージョン、自家製ピスタチオを使って、ピスタチオクリームをロールにしました〜
a0160955_14095402.jpeg


ムスリーヌ
こちらを使って、パンペルデュを作りました。

そのほか、ブリオッシュ・ド・サンジェニも。
ピンクのプラリネを作って使いました。

発酵する過程を見ながら、焼き上がりの瞬間の楽しさは
自分で作るからこその醍醐味。

パンクラス、わたしは大好きです。

[PR]
by Chez_Eri | 2018-07-18 14:03 | パン | Comments(0)