人気ブログランキング |
<< 12月味噌作りの会を開きます! Les materiaux e... >>

un gateau pour deguster la vanille chez M.Roellinger

ローランジェさんのバニラを愉しむためのお菓子
a0160955_15590261.jpg
バニラとは
ラン科の植物の鞘。発酵熟成を重ねて作られる産物で
インゲン豆に似た形の鞘の中にごく小さな種が詰まっている。
自然発生的に地面に落ちた鞘が発酵して乾燥したものがあたり一面に芳しい香りが広がっていたために
人間が試行錯誤して現在の製法に至ったのではないかと勝手に想像しています。
亜熱帯のメキシコあたりが原産国と言われていますが
メキシコにはチョコレートといいバニラといい神々の…といわれる言うな産物が採れるのはなぜだろう。
アステカ文明の神々の存在をひそかに感じています。
a0160955_16000182.jpg
現在の産地、タヒチやレユニオン島やマダガスカルなどフランスの植民地であった地域。
実際パリではバニラ専門店がいくつもあるし
コルドンブルー時代にはレユニオン島出身の生徒もいました。

スパイスには、原産地である亜熱帯地方から苗を持ち出し
本国に近いところで自家栽培する歴史がいくつか見られるが
バニラもその一つ。
やはりバニラとはフランスらしい産物であるように思う。

a0160955_15584819.jpg
今回は、濃厚な生クリーム
「大山生クリーム」を使ってみた。
今までの国産の生クリーム中では最も芳醇だと思う。
一晩バニラを抽出し、そのクリームでサントノーレ風に絞り出してみました。
a0160955_16065483.jpg
国産バレンシアオレンジのジュレと
ホワイトチョコレートを溶かしこんだビスキュイで仕上げ
ヘーゼルナッツ、ゲラン度の塩・そして隠し味のラム酒を利かせてみました。

ロランジェさん、きとみずさん
そして大山の生クリームなど
自然と人が織りなす産物を使ったお菓子。

Merci millefois!!!!





by Chez_Eri | 2019-09-04 16:34 | お菓子クラス | Comments(0)
<< 12月味噌作りの会を開きます! Les materiaux e... >>