<   2017年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2017年2月のお料理

a0160955_16321440.jpg
クラフティ・サレ
リムーザン地方発祥のクラフティ
塩味に仕上げました。
手軽なのでブランチ等におすすめ。

a0160955_16322337.jpg
白身魚の鳥の巣揚げ
シンプルにジャガイモをまぶして揚げました。

a0160955_16323042.jpg
マンディアン サブレショコラ
バレンタインの月に合わせて。
お家で作るのは贅沢に材料にこだわることができます。
ボナペティ!



[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 16:35 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

ヴァレンタイン レッスン!

オレンジとチョコレートの組み合わせ。
a0160955_16195898.jpg
クリスマスに続き巻物ですが・・
今年はマルゥのチョコレートを使ってつくりましたよ。
ヴェトナムでフランス人青年二人が奮闘して作っている
テロワールを生かしたカカオ豆ときび砂糖だけで出来上がった混じりっけ無しのチョコレートです。

a0160955_16200455.jpg
原料がカカオと砂糖だけってなかなかありません。
湿度の高い現地で乳化剤無しで作り上げる。
冒険と挑戦する心を持ち、製品にして流通させるまで仕上げる彼らに興味が湧きました。
お味もなるほど、直球です。
美味しい。ありがたく感じるチョコレートでした。






[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 16:23 | お菓子クラス | Comments(0)

2017年1月のお料理

a0160955_16113606.jpg
蕪と白菜のサラダ
自家製マヨネーズソースを添えて

a0160955_16085971.jpg
和風 牛肉のブレゼ
昆布や梅干し レンコンや海老芋を生かして
日本の土壌を味わうブレゼです
仕上げにおろしたての生のわさびと白髪ネギをのせます。
a0160955_16090712.jpg
a0160955_16091484.jpg
a0160955_16092333.jpg
リ・オ・レ!
ミルク ライスです





[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 16:15 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

ノエルのお菓子

クリスマスも24日のイブまで作りましたよ。

クリスマスの花ですが
写真を撮るのは本当に難しいと感じます。
母の世界観の一部を切り取ってしまうのが残念です・・・。
a0160955_15471963.jpg
ホワイトクリスマスをテーマに白い世界を作りました。
a0160955_15465480.jpg
出来上がってお菓子を皆さまが嬉しそうに持ち帰られる姿がなんともいえずこちらまで幸せになるので
つい頑張ってしまいます。

a0160955_15470341.jpg
ヴァローナの「オパリス」と「ドゥルセ」を使いました。
特にドゥルセはホワイトでもなくキャラメル味でもなく・・・
シェフがホワイトチョコレートを湯煎に当てたまま忘れて焦がしてしまったものの食べてみたら美味しかったことから製品化されたチョコレートです。
a0160955_15471291.jpg
チョコレートのテンパリングに、飴細工。
一つのお菓子を作り上げるのに幾つかの工程を経て仕上がります。
私は一つのお菓子を作り上げるためのパーツを作りますが
パティスリーとなれば数種類のお菓子に何十種類ものパーツを組み合わせて作るので
その手間暇は気を失うほどだと想像します。

2017年もより美味しいものを皆さまと作りたいです。





[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 16:01 | お菓子クラス | Comments(0)

2016年12月のお料理

12月のお料理は・・・
a0160955_15261388.jpg
ブロッコリーのポタージュに・・・
a0160955_15251352.jpg
ポール・ボキューズさんのスペシャリテに挑戦しましたよ!
a0160955_15254528.jpg
スズキのパイ包み焼き ソースショロン。
ボキューズシェフのレシピに従って再現してみると・・・
その黄金的な組み合わせと味わいの重厚さに感動!
なるほど。ビネガーやトマトの酸味たっぷりなソースショロンが最高に良く合い
パイ生地に詰めた濃厚なエビのムースとパイが不思議とさっぱりと仕上がりました。
ただパイの表情はボキューズシェフの芸術的にスズキに似せた姿とは違い、初めは「鯉のぼり風」だったのが「夢見るスズキ」に変身し落ち着きました。

a0160955_15253667.jpg
a0160955_15255509.jpg
a0160955_15260358.jpg
ショコラノワールのソルベ
一ヶ月寝かせたシュトーレンを添えて頂きました。





[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 15:35 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

2016年11月のお料理

11月にはクリスマスを意識したお料理をご紹介しました。
ほうれん草のスフレ
体が温まるフランス料理的お料理です。
ハードルが高く感じられるかもしれませんが
考えてみれはスフレチーズケーキを作るようなもの。
慣れてしまえば難しくはないの。
できたてをみんなでフウフウしながら頬張るのはちょっとした贅沢です。
a0160955_14542585.jpg
a0160955_14543399.jpg
鴨肉のポワレ
かもがねぎをしょって・・・
ナンチャッテですが、この組み合わせは黄金かと思います。
私の中では、ネギとともにジャガイモも外せません。
かりっとほっくりと焼き上げるのがミソ。
a0160955_14544114.jpg
今年はシュトーレンにも挑戦しましたよ!
一ヶ月前に焼き上げて一切れ毎日食べてクリスマスを迎えるというお菓子ですから、準備は10月頃からするのが良いですね。
これは生徒さんからも「作りました!」もしくは「これから作ります♪」の声をたくさん頂戴しました。
a0160955_14545111.jpg






[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 15:02 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

2016年10月のお料理

自家製パテ・ド・カンパーニュ。
フランスのお総菜屋でよく見かけるパテ。
あれを家で簡単に作ることができないかしら・・・?
と考えに考えてやっと出来上がりました。
それは誰でも作りたいって思うんじゃないのかしら。
でも一歩間違えるとミートローフになってしまうから。
だから私もレシピを作り上げるのに年月がかかりました。
塩加減・肉の中心温度・混ぜ合わせる肉の種類。
できれば家で簡単に作ることができるように。
どの工程も簡単なの。でもきちんときちんとしてね。
a0160955_14341223.jpg
車エビのナージュ
レンコンや銀杏などを添えて。
a0160955_14342253.jpg
洋なしのクラフティ。
おうちで作りたい、子供もおばあちゃんもみんな美味しいねって笑顔になる
素朴だけれど間違いなく満足できるデザートです。
a0160955_14343224.jpg
10月のテーブル花
リンドウや水引・ベンケイソウなどがぎゅっと。
a0160955_14450525.jpg







[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 14:43 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)

2016年9月の料理

昨年の秋からの写真。
9月にはたこのスープ
その名も美容的スープ!
シンプルで心と美容によい理想的なスープです!
自分で言うのもなにかと思いますが、やはり本当によいものしかお伝えできません。
a0160955_14192430.jpg
a0160955_14193509.jpg
ほうれん草の詰め物をした豚肉のお料理。
簡単なのですがこれも美容に良い。
アーモンドを添えたり、知恵と工夫で楽に美味しくがモットー。
a0160955_14194498.jpg
チュロス。
これはスペインが発祥ですね。
これだけでも美味しいのですが本場ではチョコレートソースをディップして頂くので
やはりそれに習って添えました。




[PR]
by Chez_Eri | 2017-03-02 14:25 | シンプリーフレンチ料理クラス | Comments(0)