<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Chocolat aux violettes et cassis

a0160955_9594753.jpg

皆さま こんにちは。
すっかり春になりました。
外に出ると、春の香りが漂っていることに驚いて
思わず、どこに花があるのかしら?と周りを見渡してしまいます。
懐かしい、菜の花や桜・沈丁花が混ざったような香りで、
きっとどこかで咲いているのでしょう。

努涛のように三カ月が過ぎました。
何とも表現しがたい充実感と宝物を授かった気持ちで過ごしていました。
産まれたすぐの柔らかさが、日が経つにつれ、体がしっかりとして表情も豊かになり
こちらからの働きかけに笑顔で応えてくれたり、声を出したりと大分、人らしく交流が持てるようになってきました。成長してくれるのが嬉しい半面、はかなさや産まれたての姿が形を変えていくことは寂しい…!

さて、子育てに夢中になりながらも
いつも頭の中では、美味しいものを想像している自分にも苦笑して過ごしています。

今まで作りたくても時間がなくて取りかかれなかったことやアイデア。
その一つ一つを実現していきたいと思っています。

まずは、このチョコレートのお菓子。
スミレとカシスと、ショコラアメールの組み合わせ。

a0160955_100028.jpg

これを考えるにいたったきっかけは、頂き物のお土産です。
2~3年ほど前、マダムNから頂いたデメルのスミレの砂糖がけ。
その後、生徒さんで可愛い女子高校生のマドモワゼルからも頂きました。
高校生なのに、味覚の点からみて、成熟されているなぁといつも感心させられています。
このお二人から頂いたヴィオレットをかじってみると、
香水の様な高貴な芳香と共に食感などがとても美味しい。

それとともに、フランス滞在中に訪れた
スミレの村 トゥレット・シュル・ルーの記憶が重なりあいました。
そこは山の中の断崖絶壁に現れる可愛い村です。
ここにはスミレの関連のものが沢山ありました。
スミレの畑に、ジェラートや石鹸など。
随分前の事になるので、すみれをそのように利用することが驚きで心にその村の景色と共に残っています。

マダムNに頂いた時から、ビターなチョコとの相性に実験してみたく思っていましたが…
育児の傍ら、やっと細かく味の構成を組み立てることが出来ました。
あとは手を動かすだけ。

a0160955_1001182.jpg

少しの時間を見つけては、少しずつ作りました。
カシスの酸味と、芳しいスミレ、そして濃厚なチョコレート…。
すごくいい感じ…!

朝、子供が未だ起きていないちょっとしたひとときに
ほんの少し切って濃いコーヒーと共に頂くのが今の贅沢です。

こちらのお菓子
いつか実現できるようになったらお菓子クラスでお披露目したいと思っています。

ママ、かまって~~~と
少しずつ声をあげて来ました037.gif
朝の貴重な時間の終わりです。

いざ・・・!
[PR]
by Chez_Eri | 2014-03-28 10:32 | お菓子クラス | Comments(0)