<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4月

旬の食材を大切に料理します。

a0160955_17372628.jpg

海藻バターのカナッペ 帆立とアーモンド、チコリの盛り合わせ マンゴとパッションフルーツのソース

a0160955_17374211.jpg

鰆の海藻バターのパネ 青のりとあさりのリゾット こごみとラディッキオ添え

a0160955_17374411.jpg

黄色いマスカルポーネのケーキ
[PR]
by Chez_Eri | 2012-04-23 17:43 | キャトルセゾン料理クラス | Comments(2)

お陰様で

Menu pour utiliser du Beurre aux Algue'bordier'
海藻入りのバターを使う為の献立

大変好評です。

生徒さんの声。「美味しい」「味が濃い…!」「風味豊か…!」「口どけがいい…!」
などいろいろな声が飛び交っています。

マダムN お陰様で…
明日のお越しを楽しみにお待ちしております。
[PR]
by Chez_Eri | 2012-04-21 18:16 | | Comments(0)

今回の食材

昨年冬、自分の手で種から育てた野菜。
イタリア野菜。

a0160955_18574520.jpg


やっと使える程の大きさになりました。
ほろ苦い感じが、皿の中の味を複雑にしてくれます。
今月のメインディッシュに使います。

a0160955_18575939.jpg


来年はもっともっと赤く
本場イタリアの野菜職人が作る位の野菜に仕上げたい。
[PR]
by Chez_Eri | 2012-04-20 19:01 | 自分で育てる野菜 | Comments(0)

伝統フランス料理について思うこと

歴史のあるものは奥が深い。

伝統とは、先人たちの知恵と経験の賜物で現在にまで受け継がれて残ってきたもの。
各時代において、それまでの伝統の中の無駄を削ぎ落とし新たな知恵を加えてきたもの。
だからそこには知恵の結晶が詰まっている。

現在にいたる伝統フランス料理を学んでいくうち
その歴史の深さ、幅の広さ、偉人たちの存在に気づかされ更なる興味に深みにはまっていく。

だが学ぶうちに、料理は今さらに変革を迎えていることにも気が付く。

伝統フランス料理の中には、今必要でなくなってきているものもある。

今の時代にあった、私たち自身が本当においしいと感じるものを作るには
今手に入る材料を最大限生かし無駄をそぎ落とし
現代の体にあったものを作らなければいけないと思う。

フランス料理はそうやって代々受け継がれ作られてきた。
今の時代の私たちもそうしていかなければ…と思う。

本質を抽出した革新フランス料理がいずれは伝統フランス料理となっていく。

本質を見極めること。
これが大切。
[PR]
by Chez_Eri | 2012-04-20 00:09 | 日記 | Comments(0)

cameria 椿

a0160955_10121736.jpg

一輪に一つの椅子

a0160955_9574984.jpg

大輪の椿

a0160955_958993.jpg

4月の花でした。
[PR]
by Chez_Eri | 2012-04-16 10:00 | 花たち | Comments(2)

木曜クラスの開催について

4月からのキャトルセゾン料理クラスは
木曜日も開催することにいたしました。

木曜日にご都合のつかれる方は是非こちらへご参加ください。
[PR]
by Chez_Eri | 2012-04-16 09:28 | お知らせ | Comments(0)

シブースト ピスターシュ

a0160955_920259.jpg


ピスタチオの濃厚な味と香りを閉じ込めたシブースト。
Chiboust aux pistaches et aux fraises
イチゴのさわやかな酸味と一緒に味わいます。

a0160955_9324015.jpg


a0160955_9205844.jpg

[PR]
by Chez_Eri | 2012-04-16 09:25 | お菓子クラス | Comments(0)