<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

apres un mois et une semain/ 一か月と一週間後

種から植え付けて一ヶ月と一週間。
毎日少しずつ確実に成長しています。
(人間もそうだといいな)
a0160955_22233291.jpg

紅白がきれいなフレンチラディッシュ。
a0160955_22263526.jpg

土から引き抜くとこんな姿をしています。
ラディッシュは一カ月半で収穫できる簡単な野菜。
とれたては本当に美味しい。
a0160955_22234225.jpg

紫色のつるありインゲン。
種の袋にはつるが伸びて紫色の細長~いインゲンなるとてもきれいな姿が写っています。
写真のように成長してくれる事を期待して毎日水をやっているのですが045.gif
夏には涼しさを演出するいい緑のカーテンになるみたいです。
a0160955_22235233.jpg

これは小川村に植える予定のトウモロコシ。
採れたてのトウモロコシは本当に美味しい!

明日小川村で沢山植え付けてきます。
今年の天候が気になりますが、杞憂ばかりしても面白くありませんものね・・・?
どうか皆さまも素敵なGWを過ごされますように。
[PR]
by Chez_Eri | 2010-04-29 22:39 | 自分で育てる野菜 | Comments(0)

4月のガストロノミー上級科料理クラス

a0160955_11475117.jpg

前菜は、Mille-feuille au Poivron Jaune et aux coquille Saint-Jacques en Salade
黄ピーマンのムースと帆立のミルフューユ
黄ピーマンのほんのりとした甘味を生かし、帆立のうまみと共に頂きます。
パイ生地の風味と食感がアクセントになります。
サラダ菜は盛りつける直前に裏の庭から採ってきたもの。
チャードを間引いて採れた芽の小さなものです。

a0160955_1148249.jpg

メインは舌平目のスフレ 魚肚ユイドゥ(花膠ファーガウ・魚の浮き袋)の煮込み添え。
クラシックなフランス料理「Sole Soufflee」に魚の浮き袋を加えます。
魚肚はコラーゲンの宝庫であり中国ではトロンとした食感が好まれる高級な食材です。
今回は魚と海老旨みを柔らかく煮含ませたものを丸くくり抜き、魚の鱗に見立てて使いました。
舌平目・車海老のムース・魚肚、異なる食材のうまみと柔らかさを楽しむお料理。
またコラーゲンを豊富に取り入れられるのも魅力です。

付け合わせのフレンチラディッシュも土から引き抜いて10分も経過しないパリパリなものです056.gif
野菜は本当は採れたてが一番!都会では中々難しいのですけれどネ。
でも最近私の友人もプランターで栽培を始めたと聞き、大変嬉しくなりました。
成長を間近で見られる事、また自分で作る食材で料理するのは楽しい。

a0160955_1148102.jpg

デザートは、ショコラノワールのソルベ ココアのビスキュイア・ラ・キュイエールを添え
チョコレートの美味しさをストレートにソルベで頂きます。

今回は特に手が込みました。
時間が少し押してしまい、次の予定のあった皆さんにはご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳なかったです。
007.gif気を付けますね!
[PR]
by Chez_Eri | 2010-04-25 12:20 | ガストロノミー料理クラス | Comments(0)

教室のパン

a0160955_1925352.jpg


シェ・エリの教室パン
焼き上がりました!

a0160955_1934053.jpg


教室のパンは
教室始まって以来、ずっとずーっと手作りです。
毎回毎回
手でくるくると小さく丸めて焼いています043.gif

明日の教室の皆さま、準備OKですよん。
明日は暖かくなるようですね・・・?
どうかお気を付けてお越しください。
[PR]
by Chez_Eri | 2010-04-23 19:08 | パン | Comments(0)

4月のキャトルセゾン料理教室

春キャベツと新玉ねぎがおいしいこの季節。
四月はこれらの野菜が豊富に採れるアルザス地方の料理を参考に献立を考えました。
a0160955_9252457.jpg


春キャベツと新玉ねぎのタルト・フランベ
Tarte Flambee はアルザス地方の郷土料理。
パン生地に玉ねぎとハムをのせて焼くものです。
今回はこのタルトフランベに春キャベツのやさしい甘味と柔らかさをプラスして焼きました。

a0160955_9291378.jpg

メインはBackeofe。ベッコフ又はベックオフなどと発音します。
ジャガイモ・玉ねぎとお肉数種を重ねて、白ワインを注いでオーブンで焼くというアルザス伝統の家庭料理です。
このお料理は、昔は「月曜日の料理」とされていました。
昔は手で洗濯をしていましたよね。
月曜日はアルザスでは洗濯の日ということで、
日曜日の夜に鍋に食材をセットして、翌日洗濯に行く前にパン屋さんのオーブンに預けて出かけたそうな・・・。
低温のオーブンで3時間煮込まなくてはならないのですが、手はかかりません。
素朴ながらとても簡単にでき、ジャガイモのもっちりとした食感を楽しめ、牛のすね肉や豚肉がほろほろと柔らかく煮る事が出来るお料理です。

a0160955_949408.jpg


デザートは、オレンジ風味のダッコワーズ。
家で作るダッコワーズ。
ふんわりやさしいお菓子になります。
[PR]
by Chez_Eri | 2010-04-19 09:57 | キャトルセゾン料理クラス | Comments(2)

新キャベツとブリオッシュ

a0160955_1933145.jpg

新○○・・・と付く野菜。
この季節はどうしても惹かれる。
柔らかくて瑞々しくて、手を加えなくてもそのままでおいしい。

a0160955_1934971.jpg


だが、手を加えるとまた別の表情を見せてくれる。

今日は、ブリオッシュ生地にのせて
アパレイユを流して焼いてみました。

生地がほんのり甘くて柔らかく
キャベツの柔らかさとすごく相性がいい011.gif
[PR]
by Chez_Eri | 2010-04-07 19:09 | パン | Comments(0)

一週間後 / une semain apres...

この一週間はものすごく寒い日もあればものすごい暖かい日もあり、
ちょっと大変でしたが、野菜の世界は騒ぎもせず静かに成長を遂げています。

a0160955_17273142.jpg

一週間前に種を播いたフレンチラディッシュ。
白と赤のコントラストがきれいな、パリのマルシェで束になって売られているものです。
真っ先に芽を出しました。

a0160955_17274926.jpg

太陽058.gifが照らす方向に向かって、少し斜めって成長しています。かわいいですね

a0160955_1728291.jpg

これは枝豆。
明日には頭をむくっと上げて芽を出しそうな様子。


a0160955_172816100.jpg

これは、何の芽?

a0160955_17284395.jpg


野菜だけでは華がないので最後にこれ。
やっぱり花はいいな060.gif
[PR]
by Chez_Eri | 2010-04-06 17:41 | 自分で育てる野菜 | Comments(0)