カテゴリ:道具( 2 )

新入り

シェ・エリの新しい仲間です。
一人で何役もこなす芸達者な奴。
大きな助っ人です。
a0160955_11202367.jpg

これからもよろしく。
[PR]
by Chez_Eri | 2010-09-07 11:22 | 道具 | Comments(0)

カトラリー

食卓の道具で大切なもの。
カトラリー。

a0160955_1641110.jpg


クリストフルのカトラリーは優れていると思う。
なぜ優れているか。
使いやすい。
デザインに無駄がない。
使う人がきれいに口へ運ぶことができるよう計算されている、と思う。

たとえばポタージュスプーン。
口にあたる銀の部分が柔らかい。
また幅についても、口に入りやすく広すぎず狭すぎず、液体が最大限乗るよう抑えめで奥深く設計している。
フォークについては、先が危険ではない程に鋭利に出来ている。
魚や肉をなどお皿の上のものを刺しやすく、きれいに口に運ぶことができる。
ナイフにしてもそう。
危険ではない程にとても鋭利だ。
また切れなくなったら磨いでくれる、というのも製品に対する愛情と自信の表れだ。
いいものは長く愛されるものだ。
いいものはもっと欲しくなる。
正しいものの作り手であり、正しいやり方であると思う。

2004年、パリ郊外にあるクリストフル美術館を訪ねた。
工場の一角にある。
そこではその175年の歴史のなかで作られてきた膨大なデザインを目にすることができる。
実際に製品になったものである。

形の斬新なもの、モダンなもの。
ありとあらゆる可能性の経過・・・。

現在日本で目にすることができるほとんどのクリストフルのカトラリーはクラシックで使いやすいもの。
でもそれはほんの一部であって、展示されているほとんどは実に遊び心にあふれ粋でモダンだ。
あらゆる可能性を試しているからこそ、実際に使う道具として「用の美」を実現できる。

いいものは、心を豊かにしてくれる。
a0160955_1773291.jpg


道具は大切だ。
大切なものは大事に使いたい。
[PR]
by Chez_Eri | 2010-03-24 17:15 | 道具 | Comments(0)