第一回和のおもてなしクラス


a0160955_15420941.jpg
テーブル花には、オリヅルラン・南天・ベンケイソウ・フキ・寒桜など季節のものを。

a0160955_15424022.jpg
海老しんじょ
家庭でできる少し贅沢なお味です。
銀座「奥田」さんのレシピを参考にさせていただきました。
ふっくらして濃厚なお味に!

a0160955_15422108.jpg
クルミ白和え 柿と蕪・菊の花…

a0160955_15430281.jpg
家庭ですぐに再現できるカマスの幽庵焼き
a0160955_15432255.jpg
味噌汁

a0160955_15425211.jpg
大根の米麹漬け
一本漬けてもすぐになくなってしまいます。
御飯がすすむことこの上なし。。。
a0160955_15431210.jpg
粟善哉!
こしあんも作りましたよ~~~~
a0160955_15433165.jpg

[PR]
# by Chez_Eri | 2017-11-22 15:53 | 和のおもてなしクラス | Comments(0)

和のおもてなしクラス第一回目

日本の美しいものを大切に見直すクラス
和のおもてなしクラス
2017年11月に第一回目を開催しました。

a0160955_10324690.jpeg

準備に時間をかけて迎えました。
その間に自分自身が日本の文化、山に恵まれ木を生かし大切に育んできた歴史を感じる機会となりました。

a0160955_10331389.jpeg

消費する文化ではなく
育む文化。
木を育て、木を切って加工して使う。
作ったものは修理しながら扱う。
そこには言葉に表現することが難しいほど、沢山の心遣いが含まれてきたものだと思います。
木を大切にすると言うことは、自ずとそこに費やす労力と時間、すなわち自分の命を生かすことに繋がっていて、そこから生み出されるもの、自然に対する畏敬、人間の尊厳などを感じる流れとなるのだと。

a0160955_10335233.jpeg

準備に労力と時間を費やしましたが、それは消耗する時間ではなく、自分の命を大切にできる時間であることはありがたいことです。現代の時間の流れとは一線を画して人間の尊厳を大切にする、ここに集まってくださる生徒さまとの時間を大切にしたいとの想いから全く苦になることはなく大切な創造的な時間となります。

a0160955_10341813.jpeg

安かろうに甘んじては、結果自分の命を削ることとなります。毎日の食事は、生きることを大切にする機会なのだと言うことを改めてみなさまに伝えさせていただきたいと思う機会となりました。

a0160955_10344179.jpeg
今年の紅葉は、稀に見る美しさだと思う今日この頃です。

[PR]
# by Chez_Eri | 2017-11-22 10:27 | 和のおもてなしクラス | Comments(0)

お花達

a0160955_10244025.jpeg
ススキや庭で採れた紫陽花、ベンケイソウなど
秋を意識して母と相談しながらいけましたわらい
a0160955_10230096.jpeg

a0160955_10235439.jpeg


[PR]
# by Chez_Eri | 2017-11-22 10:22 | 花たち | Comments(0)